フェレット ワサビ君
スポンサーリンク

動物たちの言葉

本物のアニマルコミュニケーションと私(ただのフェレット愛好家)のアニマルコミュニケーション

投稿日:2017年3月1日 更新日:

私は潜在意識を扱う占い師です。

今風に格好良く言うと「スピリチュアルカウンセラー」とか「エネルギーヒーラー」とかそういう類の人に近いかもしれません。

でも、昭和生まれの人間なので横文字がだいぶ苦手な年齢になってきました。

だから、このサイトも、なるべく昭和の私が分かるような表現で構築されています。

例えば…

今時のお洒落なサイトいたちのおうち
new entry新着記事
access ranking読まれてる記事
search検索
monthly archive月別もくじ

これでも昔はナチュラルに「チョベリバ(超very bad=最悪)」とかってカタカナを使いこなしていたんですけどね…まぁ、そんな事はどうでも良いんですけど。

とにかく、「占い師」の方がしっくりくるのでそう名乗っています。

最近また勉強をし直して、修行(?)も始めました。

一番やりたかった事が見つかったからです。

「アニマルコミュニケーション」も潜在意識でする作業なのだと教えてもらってからは、もう夢中になって修行をしています。

きっかけはこのお話し

舌をだして眠るフェレット
アニマルコミュニケーションに占い師が挑戦してみる

いたちのおうちのスタッフで道を歩いていて突然何かにぶつかって 「あっ!すみませ…なんだ。っち」とか言う人がいます。 ぶつかる音とか聞こえます。 何もないのに。 「聞こえたハナコさんも同じだよ」とか意味 ...

スポンサーリンク

経験と知識は大切。でも、アニコミュ的にはそれが邪魔になる事がある。

私は「動物」の事をすごくいっぱい勉強しました。

実習や現在も続けている保護活動などを通してたくさんの動物たちと出会い触れ合ってきました。

だからそういう知識はあります。

経験もそこそこあると思います。

動物関係で何か商売でもやろうかと思った時には困らない程度の資格もあります。

大好きでずっとそばにいたニョロリンやワンコ達の事については誰よりも熱く語れる自信があります。

でも…それだけです。

それが顕著に現れている、ある出来事がごく最近ありました。

このお話しの時です

お風呂を覗く

うちの可愛いフェレっ娘エルちゃん。

大丈夫のお風呂

お話しの詳細は画像クリック先で

フェレットというのは水遊びが好きな子が多いです。フェレットは好奇心が旺盛です。「だからお風呂を覗いています」
アタチはなこ

これは、フェレットの生態に詳しいだけの私の意見です…

それだけじゃ無い何かがあるはずなんだよなあ…何をそんなに見ているんだろうか?
アタチはなこ

これが、潜在意識のチャンネルをエル(動物)に合わせて感じ取った。

けど、その先が読み取れない私の意見です。

実はこの時、私はエルが「何かを心配している」というのは感じていました。

でも、それが何なのかが分からなくて、私なりにアニコミュしてみた結果は上記の写真クリック先のお話し通りです。

それでもそれが知りたくて、でも自分のそれに確信が持てず…そこに、奇跡のようなタイミングが重なったことで「本物」に聞いてもらったという今回のお話し。

私はただ「エルが何をそんなに見ているのか?」を教えて欲しいとお願いしました。

だって、「何かを心配しているはずなんですけど、それは何ですか?」なんて聞いて「えっ?別に何にも心配なんかしてませんよ。それはあなたの勘違いです。」みたいな結果だったら、ちょっと恥ずかしいじゃないですか…

さあ、皆さん、心の準備は良いですか?

いきますよ…いざ!

本物のアニマルコミュニケーション

まずは、お風呂が好きか嫌いか?から聞いてみました。

「ねえエルちゃん、お風呂のこと聞いていいかな?好きか嫌いか教えて」

エルちゃん、「ふふふ」と笑って…

「私水遊びは好きだけれど、いわゆるお風呂(お湯に完全に浸る、シャンプーされる)っていうのは
そんなに好きじゃないの。でもまあ、お湯に浸ってしまえば、気持ちよくってウトウトしちゃうこともあるけど」

このあと、「臭い」に対して人間が思う清潔さと、フエレットが思う清潔さの違いを熱く語ったエルちゃん。

今回、そこの部分は割愛して、お風呂のことの発言のみ、ご紹介していきます。

「私ね、お風呂に入れられることを、ただただ嫌がったりする
おバカさんじゃないの。そこは、パパとママにちゃんと伝えて」

「わかりました伝えます。エルちゃん、そんなに好きとはいえない
お風呂、パパとママが入っている時、どうしてのぞいているか、教えてくれる?」

この質問をすると、
「初めて産まれた子供を初めてお風呂に入れている夫婦の図」という言葉が浮かんでくる。
そして、いくつものたらいが用意され、何度も温度を測っている様子が観えてきた。
そして大きな声で、
「大丈夫だから、大丈夫ー」っていう声が聞こえてくる。

この光景や声は、現実のものではなく、エルちゃんをお風呂に入れる時の、
はなこさんご夫婦の様子だと伝わって来た。
つまり、毎回「初めて赤ちゃんをお風呂に入れる夫婦」のごとく、
エルちゃんを、それはそれは大事に、お風呂に入れているらしい。
(この観えてきたことは、セション時に事実と符合することを、確認済みです)

ここで、添付写真のように、後ろ足で立ち上がって
お風呂をのぞくエルちゃんの姿が浮かんできた。

「私ね…パパとママが心配なの?」

「え、どんな風に心配なの?」

「だって私の時は、パパとママ2人がつきっきりで大丈夫、大丈夫!って言いながら、お風呂に入れてくれるでしょう。
なのに、パパやママは1人で入るのよ。

だから、私がこうやって番をして、見守っているの。大丈夫って?って聞いたりしているし」

以上、キキのテーブル ブログ「小さき者たちのシリーズ お風呂をのぞくエルちゃん(フェレットさん)の実例」より一部抜粋

(」゚□゚)」<かないませーん

だってそうでしょ?何これ?規模が全然違うじゃん。

完敗どころか同じ土俵に立つ夢すらもまだ見れない感じ。

潜在意識にもその深さがあるのは皆さんご承知かとは思いますけど、私が見ているそこが水深5mmだとしたら彼女のそれは水深何万km…ってか海底ですよ、そこはもう。

次元が違うんだよね。本物と半チクのやる事ってさ。

当の本人(アニマルコミュニケーター前田理子さん)は

前田理子さん
理子さん
セッション時、この答えをエルちゃんから聞いた時
私はもう本当に可愛くて、思わずのけぞってしまいました。

って、仰っていたけど、私は

あなたのすごさにのけぞりました
アタチはなこ

これでも占い師としてやっていますので相手が人間の時は私も海底を見ています。

でも、「動物たち」にはそれがまだまだ出来ません。

それはきっと、持ってる知識や今までの経験からくる「フェレットはこう」みたいな思い込みがあるからなのかなあ…ってちょっと恥ずかしく思ったりしています。

理子さんがこう言葉をかけて下さいました。

前田理子さん
理子さん
「深い所」ここの部分の意識を掬い上げ、依頼者の方に、平明な言葉でお伝えするのは…
アニマルコミュニケーターがたくさんいても、みなできるわけではないと思います。

有り難し。

私だけじゃないんだ。

良かった。

まだまだこれからも勉強して修行して皆の声を聞かせてもらえるようになるからね、待っててね。

愛しいニョロリン達♡

動物たちは、その優しい目でこちらの事は何でもお見通し

有り難い事に「うちの子で練習して良いよ」と声を掛けてくださるニョロリストさん達がいます。

今日までお話ししてくれたニョロリン達との事を思い返して分かったのは、やっぱり私は「浅い」。

そしてそれをニョロリン達は分かって先回りしてくれちゃうんです。

こんなに小さい体に大きな優しい気持ちが入っているんです。

上記の時のエルちゃんもそうでした。

精神的にクッタクタの私を先に感知して

える
今はそんなお話ししている場合じゃないでしょ

って気遣ってくれたがゆえの

える
眠いからお話ししない

これは本物のコミュニケーター理子さんにも確認済です。

縁あって、何か訴えたい事があるんじゃないのかな…って人間の目線で、さも分かったように「聞いてあげますよ。さあ、聞かせて」みたいな気合いで話しかけさせてもらったニョロリンには「大丈夫だよ」って言われました。

きっと私がそこまでは出来ない(そんな力はない)事とか全部お見通しで「そんなに頑張ってくれなくて大丈夫だよ」って言ってくれたんじゃないかなって思うんです。

情けないなって泣けてくるけど、それ以上にニョロリン達の大きい気持ちに感謝の気持ちで涙が出ます。

その子は先日、数回目のお話しで「私もうご飯いっぱい食べてるから大丈夫だよ♪」って彼女の方から教えてくれました。

飼い主様にもそれは事実だと確認済です。

安心しました。

軽い会話、雑談レベル…それが私のアニマルコミュニケーション

前回のお話し

フェレットわさびとえる
エスカレートしたフェレットの噛み癖【話せば分かる】顔は痛いからダメ!…?

今日はワサビ君がいたちのおうちに来てくれて、ちょうど一年目の記念日です。 今日まで、すごく色んな事がありました。 そんなワサビ君を孫のように溺愛している、いた家スタッフのオッちゃん… 彼は、とても変わ ...

のような

「コミュニケーション」とはとても言えないコミュニケーション。

それが今できる精一杯の「私のアニマルコミュニケーション」です。

いつかその道のプロとなって…みたいな気持ちはありません。

だって、もうそういうすごい人はたくさんいるし。

そういう時はその道のプロの方にお任せしたら良いのですから、私もアニマルコミュニケーターとして食べていけるようになりたい!!などとは思っていません。

その方々はこちら(フェレット専科)にてご紹介させて頂いております。

でも、もう少し…あともう少しだけで良いから、深い所でお話しできるようになりたいなって思っています。

今日のワサビ君とエルちゃん

今日のアイキャッチ画像は

エルが絨毯の下をツッタカッタッター♪スンスンスーン♪と走り回って、そこら中にある物をひっくり返すから「ん…?」ってなってる瞬間のワサビ君です。

オッちゃんはそんなエルを怒らないけど、私は「漢方薬の箱なんか床に置いておくな!」とオッちゃんを怒ります。

「今、捨てようと思った空箱だよ」って言われて…

私だけプリプリ怒ってバカみたいじゃないか!

(`ε´)チョベリバな気持ちです。

-動物たちの言葉
-, , ,

Copyright© いたちのおうち , 2019 All Rights Reserved.