保護した野良猫
スポンサーリンク

ペットと暮らす

飼えないのに野良の子猫を拾っちゃった話し

2021年6月27日

「会社に子猫がいてさ」

「うん?」

「会社の人が役場のなんかそういう所に電話してくれたんだけど、明らかに病気だからか子猫だからかなのか分からないけど、とにかく引き取れないって言われちゃったらしくてさ…」

「あ、そう」

「こういう時はどうしたら良いのかなって…」

「え?」

「いや、断られる事があるだなんて思ってもみなかったから、こういう場合はどうしたら良いのかなって…」

「こういう場合って何?どういう事?」

「いや…車にケージ積んでるの俺だけだったし、車の出入り多いし危ないからとりあえずケージに入っt」

「待って、まさか手出しちゃったの?」

「うん。もう捕まえてケージに入ってもらってる。」

「はぁ?どうすんのよ?」

「だからさっきからそれを聞いてるんだけど…」

「…っ、バカヤロー!!

ってな訳で、今日は子猫を拾っちゃったお話しです。

スポンサーリンク

野良の子猫を拾った!飼えない!どうする?何したら良い?

まず、

拾得者(拾った人)は、その拾得した物件を速やかに遺失者(なくした人)に返還するか、または警察署・交番・駐在所にこれを差し出さなければなりません。

これが基本です。

財布でもフェレットでも猫でも鉢植えでも、「自分の物」じゃないんだから、拾った物を勝手に持ち帰ってはいけません。

野生には存在せず野良はあり得ないのがフェレットですから、あなたがフェレットを拾った時にはこうして下さいね。

フェレットを保護したら【そのまま飼える(預かれる)としてもトラブル回避『まず』すべきこと】迷子か遺棄か分からないから
フェレットを保護したら【そのまま飼える(預かれる)としてもトラブル回避『まず』すべきこと】迷子か遺棄か分からないから

街中にポツンとフェレットがいたとします。 その子は100%、誰かの所有物(ペット)です。 例えばそれが街中ではなく、山の中や公園など自然が豊かな場所だったとしましょう。 それでも、その子が誰かの所有物

ferret.xn--n8jel7fkc2g.xyz

で、「明らかな野良猫」に関しては、各自治体によってその扱いが違いますのでそれは皆さんそれぞれでご確認頂くとして、「考え」もそれこそ皆さんの中でそれぞれに色々あるかと思います。

これを言うと保護活動者のくせに冷たいとドン引きされる事も多いですが、私は「手を出さない」と決めています。

だって責任がとれないから。

餌も与えず声もかけず、ただ写真だけ撮って桜耳じゃない事を確認したらその地域で活動されている方を探して「どこどこにこういう子がいました」と伝えて、不妊手術代の足しになれば程度ですがお渡しして「よろしくお願いします」と言うだけです。

活動者を見つけられなければ申し訳ないけど「見て見ぬふり」で通します。

私は「保護活動」というものを長くしてきて、してきたからこそ、何でもかんでもなんて助けられない、自分は無力だという事を知っています。

だから「フェレットの保護だけしかしない、それ以外の事は出来ない。」と言っているのに…それなのに…「手を出しちゃった」の事後報告って…バカヤロー!!!!

野良猫を0にするのがペット社会の課題

知っていますか?

日本にいる野良猫って、その全てが人間が生み出した子達なんですよ。

日本にもともといる野生の猫ってイリオテヤマネコとツシマヤマネコぐらいなんです。

どちらも確かレッドリスト(絶滅危惧種)入りしていて、絶滅させないために守っていく保護の対象なんですけど、それ以外の子達は「いつか0になるように(数を減らしていこう)」の対象です。

お家の中で大切に飼われている猫達の平均寿命は今や10年とも15年とも言われています。

対して野良猫は2~3年。

猫は本来、外で生きていける生き物では無いんです。

今いる子達を救ってあげるどころか私は何もしてあげられないから、もうそういう子を増やしてはいけない生ませてはいけない生まれてきてはいけないって、今ある野良猫たちの命をまっとうさせてあげるためにも「せめてこの一代限りだけの命ですから地域の皆さまどうぞ見守ってやって下さい」という意思表示のご協力をさせて頂きますと、TNR活動に少しのお手伝いを出来る時に出来る範囲でさせて頂くのが精一杯だと思っているのに、

「ミーミーミーミーもう声が枯れちゃってて可哀想で、どうしたらもう鳴かなくても大丈夫だって安心させてあげられるのかなぁ?」…って、そんなもん知るかっ!バカヤロー!!もう安心して良いよって優しく声をかけ続けてあげる事くらいなんじゃないのかしらねっ?!

まずは病院へ

野良猫

目ヤニが固まって目が全然開けられなくなってしまっているのは猫風邪でしょうか、猫クラミジアからの結膜炎でしょうか、細菌感染でしょうか、、、心配しなきゃいけない事は見えないところにもあるかもしれないから、とにかくまずは病院へ。

ただ、外にいた子はどんな病気があるか分からないのでいきなり連れて行くのは病院の迷惑になる事があります。

このご時世ですしね。

必ず事前に「外にいた子を連れて行きたいのですが」と連絡をしましょう。

また、飼えもしないのに拾っただけの猫を診てあげて欲しいと言ったところで診てくれる病院は少ないです。

「自分が飼えるわけでは無いけどちゃんと責任を持ちますからって言ってね。ちゃんとそう言わないと診てもらえないかもしれないから。」

「分かった。でも責任って?」

「なんとかするしかないでしょうよ!手を出しちゃったんだから!!バカヤロー!!!」

里親さん探し。自分では飼えないのに手を出してしまいました。助けて下さい、おねがいします、お願いします。

犬、猫のボラ活動(のお手伝い)をしていた20代の頃から私は自分の「もう子犬・子猫をお迎えする事が出来ない年齢」を40才と決めていました。

それは、たくさんの子達の最期に立ち会ってきて、自分が彼らに対して終生飼養の義務を果たせなくなる年齢は多分これくらいだろうと逆算してだした数字です。

※あくまでも「私の」計算です。

だからそれまでは「もし子犬子猫とご縁があったなら」を夢見て、そうなったら環境なんていつでも変えられるフッ軽マインドでいましたが、「もうそれはない」から今年で7年目、ゴリゴリに「猫が飼えない」環境にいます、私。

その間に猫アレルギーを持っている事が発覚しました(自覚症状なし)。

だからもう何をどうしたって自力で解決できる事では無いから、「力を貸して下さい」「助けて下さい」って、頭を下げまくるしかありません。

保護活動者という立場上、普段は頼られる側にいる私が今回は頼る側。

皆さんにもいつも聞いて頂いているからもうお分かりかとは思いますが、こういう時に「保護ボラに丸投げ」は絶対にNGです。

丸投げされた側からしたら「無責任に手を出して何かやった気になって勝手に一人で気持ちよくなってんじゃねーよ」な単なる迷惑行為ですからね。

私は

  • 野生の子が外で死ぬのは「仕方がないこと」だと思っています。
  • 他人に丸投げする事を前提に手を出すのは無責任の極み。
  • 責任がとれないなら放っておけ。

と考えています。

だから「外にいるはずのない、外にいちゃいけない生き物であるフェレットだけはせめて全部を救う」という気持ちで保護活動をしています。
アタチはなこ

って、また同じ話しになるけど、もうさ、手を出しちゃったとか聞いてさ、おまけに「どうしたら良い?」だなんてさ…

んもう胃が痛くてたまらんけど、乗り掛かった舟だもの、「その責任の半分はこっちで持つ!だからそっちはそっちで頑張って!死なすなよ!」

また今回も横の繋がりに感謝、思っているより世界はずっと優しい

保護猫

私は保護活動者だから知っているのですけど、これは本来なら「手を出したんだから自分で最後まで責任もちなさいよ」って一蹴されても仕方がない案件です。

だから、そんな事は重々承知で、「それは分かっています。それでもお願いします。それだけしかできないけど健康な状態になるまでの責任はこちらできちんと持ちますので、里親さん探しの協力をして頂ける方と繋いでもらえませんか」と頭を下げ続ける覚悟でいたら、なんか皆すごく優しくて泣いてまう。

「うちで見てあげたいけど、もう〇匹いるから…でも、心当たりを探してみます」

我が家の事情を知ってる人達からは

「あなたはそんな事しないの分かってるけど、どんなに切羽詰まってもSNSで「誰か助けて」だけはダメだからね、出来る限りの事はするから少しの間だけ踏ん張って」

「分かってると思うけどSNSに場所は載せないでね、猫捨て、猫さらいに目を付けられたら大変、その地区のボラに繋がれないか声かけてるから」

って、当たり前にピリッピリ。と、そんな中でぴろんと「お優しいですね❤」ってハートマーク付きで返信をくれた猫ボラさんがいました。

いつもはアニマルコミュニケーションでお世話になっている前田理子さんです。

叱られる事を覚悟で事細かに手を出してしまった経緯や手を出したのに責任がとれない事情を説明していたら「ありがとうございます❤優しいお気持ちに感謝します」ってなんで…もう泣いてまうやないの…

本当に何から何までお世話になってしまってすみません。猫なんて飼った事もないのに手を出して助けてくれって頼るだけ頼って、叱られる覚悟でいたから、理子さんや理子さんに繋いで頂いた先の方から「救ってくれてありがとうございます」だなんて言って頂いて、もう大丈夫だって任せて良いって言って頂けて泣きそうです。
アタチはなこ
前田理子さん
前田理子さん
えぇ?なんでです?だって、逆に私や彼女がフェレットの事なにも知らなくても保護しましたって連絡したら「ありがとうございます」って「あとは任せて下さい」ってなるでしょう?
え!?そんなの当たり前じゃないですか!フェレットのためにありがとうございます。救って頂いてありがとうございます、後は任せて下さい!ですよ、それはもちろん!
アタチはなこ
前田理子さん
前田理子さん
ふふっ、じゃあ一緒じゃないですか

って、本当にもう、責任もつとか言っちゃったくせに、どうにもならなかったらどうしよう…どうしようどうしようってずっと怖かった気持ちが一気に吹っ飛んで「幸せにお繋ぎするその日まできっちり責任をもってお世話させて頂きます」に全振り!やる気しかない!

我ながら、自分が単純な人間で良かった。

お願いしますに繋ぐ値段が20万円とはさすがにビビったww

ゴールが決まれば後はもう真っ直ぐそこを目指して進むだけ、「全ての準備が整いつつある!もう安心して良いよってその子に伝えてあげて!」

当日、病院へ行って検査をしてもらって、そこから、この子をお引き渡し出来る状態にするまで…のお話しはめちゃくちゃ長くなるからその詳細はまた改めて聞いてもらおうかなって思うんですけど、ザっと見積もりを出してもらったら、約20万円くらいになりそうです。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

命の値段として互角!

20万円って、結構な金額だと思いません?ちょっと調べてみました。

私は保護活動者なので多少嫌味な表現を使っても許されると勝手に思っているし、そしてこれは別に嫌味でも何でも無い、ただの事実なんですけど、

ブランド猫の値段

ふふふっ、あなたすごいじゃない!

名だたるブランド猫ちゃん達と対等よ。

野良猫拾った

高貴なお猫様としての箔を付けてお嫁に出してあげるからね。

だからもう安心して早く元気におなりなさいな!

おしまいに

ペットショップから猫を買うなと言うつもりはありません。

ただ、猫はペットショップじゃない場所にもたくさんいます。

猫は本当は外で生きていける動物では無いということ

だから、そういう子達を一匹でも減らそうとそのお世話を続けているボラさん達がいるということ

里親さんを待っている子達はそういう子達だということ

その子達にはたくさんのお金がかかっているということ

善意だけでは生きていけないということ

を知って頂き、それぞれの中で「1匹でも多くの猫が幸せに生きるためには」をこれを機に考えて頂けたらなって思います。

ご支援頂ける方へ

この子の命に責任を持つと言って下さった先は保護猫カフェさんです。

今ここでお名前を明かしてご迷惑になるような事が起きてはいけませんので、それは出しません。

そちらへお繋ぎするまでにかかる費用はもちろん私たちが責任を持ちますので、何も心配はいりません。

ただ、命というのは「そこから」の方が何倍も何十倍もお金がかかります。

そういう猫ちゃん達をたくさんお世話されている場所ですので、そちらへのご支援を頂ける方は

ゆうちょ銀行

記号10110 番号58217451 イタチノオウチ

【店名】0一八(読み ゼロイチハチ)

【店番】018

【預金種目】普通預金

【口座番号】5821745

お振込者様のお名前に「ネコ」とか「ネ」等と付けて頂いたら、この子をお連れする時に全額を責任を持ってお渡しさせて頂きます。

また、これまでいたちのおうちにご支援頂いている分の収支報告も後日まとめてさせて頂きますので、もうしばらくお待ちください。

先日お話しさせて頂いた通り、やっと、やっと、里親募集に繋がったニョロが10ニョロほどニョロニョロしておりますので、ちょっと、ずっとバタバタしていて、申し訳ありません。

里親募集中
フェレット里親募集
里親条件が厳しすぎる里子の譲渡にウザいくらい条件がある理由

「ペットショップで買うなとか言ってるくせに、里親募集に応募したって偉そうに色々と条件を付けて断ってばっかでちっとも渡す気が無いのはそっちじゃん。」 「あー、もう良いです。だったらペットショップで普通に ...

続きを見る

全ての命が平等に扱われる世界になりますように☆彡

-ペットと暮らす
-

© 2021 いたちのおうち