八重桜とフェレット

来年はお花見できますように

スポンサーリンク

巷で話題のアレ

じわじわ来てるコロナ疲れ【メンタルの保ち方】八つ当たりしないされないその対策とは

緊急事態宣言が出されてもう早何日目でしょうか…

収束へ向けて「ここから」のまだ今が入り口でしかないその時期である事は分かっているはずなのに、やっぱり先が見えない不安からなのか、その数字だけを強調して事態は深刻、いやむしろ悪化しているかのように不安を煽るだけみたいな朝から晩まで次々と流れてくるネットニュースに「お前はもう黙ってろ」という気持ちになる事が増えました。

ただ、その書き手さんだってきっと悪意を持ってそうしているばかりでは無いのかなとは思うんです。

いつまで続くか分からない闘いを強いられている今のこの状況で何もストレスを感じていない人なんて居ないですからね。

情報を伝える役割があるはずの「ニュース」と銘打っているサイトで情報としては薄い二次・三次のそれに個人的な政府批判や自身の明日への不安をくっつけられるだけくっつけてその全てを吐露したくなっちゃう気持ちも分からなくはないです。

それをいかにも情報系ニュースサイトですって言っちゃうのはダメだと思うけど。

でもって更に「これがお勧め!」って、それが「何に対してお勧めなのかをあえて言っていない」紛らわしい…っつうか、もはや詐欺みたいなやり方で堂々とアフィっちゃうのは完全にアウトだと思いますけど、それについて今日はもう良いです…言い出したらキリが無いから。

心の底からダメだと思っていますけど(2回目)

今のこの状況ってばですね…

こうなるよりずっと前から自ら望んでなるべく外には出なくて良い生活をしてきていた私でさえ、一日に何度も何度も「用が無いなら外へは出ないで下さい」と言われる事によって、そうしているような環境にある事で多少なりともストレスを感じています。

ついこの前までは「何とも思わない」と言っていた「ちょっとくらい良いだろう厨」に対しても「良かねーよ?」ってちょっとピリッとするようにもなってきました。

そんな中で「自粛の要請に応えてそうしているのは自分のくせに、要請に応じない人に対して憤りを感じるのはおかしい。イライラするなら自分も要請に応じなければ良いだけだ。」というような意見を見かけた時にはもうスマホをぶん投げそうにもなりました。

正常なメンタルが保てなくなってきているんだなって自分で分かります。

でも、スマホぶん投げなかった私は偉い!

そうやって、折れそうな中でちょこっとだけでも出来た「頑張った自分」を見付けて「私は私で出来る事をやってるんだから」って無理にでも納得して何とか何とか、冷静でいようと心掛けて過ごしています。

今の敵は他の誰でもないウィルスだけ。

闘うべき相手は間違わずにいなきゃなって、それを肝に銘じて生きています。

スポンサーリンク

闘いは始まったばかり「コロナ疲れ」にはまだ早い!対策をしよう!メンタルの保ち方

そうは言っても私自身がつい先日までの2~3日くらいでしょうか、天候(気圧)の影響もあって体調が非常に悪かったです。

体の不調は心を弱らせます。

ちょっとした事が見逃せなくなってそのまま激しい憤りを感じたり、その反動で深く落ち込んでみたり、と、とにかくメンタルがグッダグダのヨッレヨレになっていました。

弱っている時って、それが自分に向けられた言葉じゃないと分かっていても、ほんの些細な言葉尻が引っかかってイラっときたり、気持ちが落ち着かなくなったりしちゃいませんか?

私の場合は先ほど言った「スマホぶん投げそうになった」なんかがまさしくそうなのですけど、もういちいち目について気になって「私の何が分かるってんだいっ!」って勝手に悲しくなっちゃったりして、でもよくよく考えてみたらば、向こうさんからしてみたら「お前の話しなんかしてねーけど?」なんだよなって(笑)

ただでさえ鬱々としちゃう時に「余計な」情報を目にするのは止めよう!と思いまして、くさくさしている間はできる限り情報をシャットアウトして過ごしました。

メンタルを正常に保つためには、まずは「自分で自分を守る」ことが最優先です。

八つ当たりする先を探して憂さ晴らしをする人にならないこと!またそのターゲットにならないように気を付けること!

悲しいかな、人というのはですね、自分の弱さを受け入れられない時や自分に自信が無い時ほど、更に弱そうな人や更に自信がなさそうな人をターゲットにして攻撃に走りがちです。

これ、自分がその時たまたま正義側にいるってだけのそれに変な自信がある時にやりがちなのですけれど、その自信ってば「絶対的に有利な側にいる安心感」なだけで、決して自分自身の中にある自信では無いですからね。

自分自身に確固たる自信がある人は他者をむやみに攻撃したりはしません。

訳もなくイライラしていたりちょっと攻撃的になっている時には少し自分自身を見つめ直してみて下さい。

そうする事でしか、自分を保てない心境も分からなくは無いのですが、皆が同じ状況でしんどい思いをしている時にそれはどうなのかな?これは八つ当たりではないかな?って。

そう一呼吸おくことできっとイラついたメンタルも少し安定するんじゃないかなと思うんです。

そしてまた、それと同時に、そんな風に他者を攻撃する事でしか満たされなくなっている精神状態の誰かのターゲットに自分がされないよう、それにも十分に…っていうか、そちらの方が「メンタルを保つ」には大切かなって思います。

だってね、誰かを攻撃するという行為もそれを無視するという行為も、とてつもなく疲れる行為なんですよ。

他に心配しなきゃいけない事、やらなきゃいけない事がたくさんあるこんな時に、そんなどうでも良い事で無駄に体力を使って疲れている場合じゃなくないですか?

ターゲットにされがちなあなた、こんな時こそ強くあって下さいね。

「強くある」とは?

自分の意思を持たない時、人はとても弱くなります。

そもそも「弱いから」自分の意思を持たずに、誰かに言われるままにそうしていたり、どうしたら良いのかと考え中のままでいる事に甘んじていたりしてしまう場合も多々あるかとは思うのですが、そうでは無く、例えば今の状況のように、「そうせざるを得ない」からそうしているだけであったとしても、「自分の意思でそうしていない」というその状態は人を弱くするのです。

一見すると「誰かのせいにできる」とそれはとてもお気楽な立場でいられているかのような錯覚を起こしがちですが、自分の身に起きていること、自分の置かれている立場までをも、「人に言われたからそうしている」だけの基準でいると、思わぬ攻撃を受けた時に反撃する手立てが無いどころか防御すらしていない状態なので、精神的にやられてしまうんです。

良いですか?

何も考えずに「言われたからそうしているだけ」というのは、「あなた」をターゲットにして突っかかってきた人間に対しては反撃にも防御にもならないのです。

  • 反撃=言い返す
  • 防御=(何か聞こえてきたとしても)やられないメンタルを保つ

言いやすい相手を選んで何かを言ってきているだけの場合、一度、言い返したら話しはそれで終わる事がほとんどですが、最近、届くお問合せを見ている限り、それは「直接」言われているわけではないようでして…

そういう事なら「気にしない」でいるしか無いと思うのですよ、私としては。

「自主的にそうしてる」と自分の選択に自信をもつこと!

色んな考え方がある中で、強制力を持たない「お願いベース」の緊急事態宣言ですから、そりゃあもう…色々とあるのが今のこの状況です。

今日、なぜこんな記事を書いているかというと…

そしてまた、なんでこんなに歯切れが悪く回りくどい表現ばかりになっているかというと…

もう、あっちこっちから、その両極端な立ち位置からの「どう思いますか?」のお問合せが届いているのですよ…

ぶっちゃけ、それが私にとってはものすっごいストレスです。

「どう思う」も何も、あれこれ書かれているそれら個人的な事柄について、なぜ私が何かを思わなければいけないのですか?

もし仮に私がその事について個人的に何かを思ったとしても、それはあくまでも私の個人的な意見でしかないんですよ?

ついこの前にも言いましたけど、「いたちのおうちとして言える事は何もありません!」なんです。

ついこの前
フェレットと桜
新型コロナウィルス【今のこの状況について】私はフェレットの保護活動者だから…

「巷ではコロナウィルスの話ばかりでうんざりしてます」的な問合せやDMがくる事が増えたので、今日は、私の思うことを書いてみようかと思います。 そうやって個人的な連絡をくださる方は、私がその事についてあま ...

続きを見る

だから、ここではちょっと、「私側からの個人的なお話し」をさせて頂きます。

「自分だけは大丈夫」と思っている人と距離を置きたい人はたくさんいる

このブログ内でもチョイチョイ話題にしていますし、昔からの知人はほとんど皆が知っている事ですが、私は

停車中の車内にいて、ちょうど私が座っている後部座席を目がけるかのようにスピードの出し過ぎで曲がり損ねた車が突っ込んでくるという事故に遭いました。

また、ゲレンデでスノーボーダーの待機エリアとされていた場所で友人を待っていたら、滑走禁止区域とされているはずの山側から落ちてきた人が私に直撃するという事故にも遭いました。

それらの事故で私は頭蓋骨骨折、脳挫傷、眼窩底骨折、奥側の歯(片側上下共)全損、大腿骨頚部骨折、等々の大怪我を負いました。

先ほど言った「天候の影響で体調が悪かった」はそれらの事故で負ったケガの後遺症です。

私よりだいぶ軽いケガしか負っていない加害者の方はどちらも「こんな事になるとは思っていなかった。軽率な自分の行動を反省しています。」と言いました。

私に「運が悪かったね」って言った人もいます。

そうです。

私はただ運が悪かっただけで、こんな事になるとは思わなかったという誰かの軽率な行動によって、2回も死にかけたんです。

「殺されかけた」と言った方が伝わりますか?

そうやって私は、明らかなる殺意を持った殺人(未遂)事件より、軽率に他人を殺しかける事故の方がこの世にはよっぽど多い事を身をもって知っていますので、常日頃から自分がそちら側になる事がないよう、それをとても恐れているし、こういった有事の際には人一倍そういう面では慎重にしていないと気が済まないのですよ。

だから、絶対に自分は加害者にはならないと根拠無く思い込んで軽率な行動をとる人とはなるべく距離を置くようにもしています。

もしも万が一にでも、自分も一緒になってその軽率な加害者になんてなってしまうのは絶対に嫌だから。

起こそうと思って事故を起こす人なんていないのですよ。

時々目にする「自分は感染する気がしない!全然余裕!」は別にそれならそれで結構だとは思いますけど、それで(気付かないうちに)誰かを感染させて死なせる事になるかもしれないって事までをもう少し考えるべきなんじゃないかなとも思ってはいます。

まとめ

今、起きている現実を正しく理解して下さい。

そのための情報収集は大切な事ですが、「余計な」情報は取り込まない術を磨いて下さい。

その上で「自制」をして下さい。

国や都や県、上の誰かに要請されたからではなく、ましてや、世の中の空気がなんかそんな感じだからみたいな受動的な自粛ではなく、「今なぜ自粛をしなければならないのか」それについてもっと自らで考えて自粛する必要性を自分で理解して「自分でそうしてる」と言えるようでいて下さい。

それが自分のメンタルを正しく強く持ち続けていく秘訣です。

自分は悪い事をしていないのにエアリプ飛ばされてなんちゃかんちゃと言い訳みたいな問合せを送ってくるのではなく、「自分は悪い事をしていない」と自らの意思でそうしたのなら「それで良い」んですから堂々としていて下さい。

また、こんな時なのにこんな事をしている人がいてどうちゃこうちゃと告げ口みたいな問合せを送ってくるのではなく、自分がこうしているのは自らの意思でそうしているだけ、それと違う人がいてもそれはそれだ知らんがなって、堂々と「自分とは考え方が違う人なんだ」認定して良いのですからね。

新たな新型コロナウィルス感染者数を伝えるときに毎回、「2週間後の未来を変えるためにご協力を」 「命より大事な食事会やパーティーはない」と必ず付け加えるアナウンサーがおられるそうですね。

私もその通りだと思います。

皆で頑張って乗り越えましょうね!

-巷で話題のアレ
-

Copyright© いたちのおうち , 2020 All Rights Reserved.